<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 豪雨災害の救援募金 | main | 愛車のエンジンの調子が・・・・・・・ >>

生活再建に活用できます

2018.07.11 | 22:05

 7月  11 (水くもり 

 災害より賭博の議論か

 参院内閣委 カジノ法案 審議入り

 大門議員が批判

 西日本を中心とした豪雨災害の被害が拡大するなか、自民・公明の与党は10日、カジノ実施法案の参院内閣委員会での審議入りを強行しました。野党は、災害対応に最優先で取り組むべきだと主張。日本共産党の大門実紀史議員は「これだけの大災害が起き、この瞬間も被害が拡大しているときに、災害よりも賭博の議論をしているなどありえない」と政府・与党の対応を厳しく批判しました。

 大門氏は、石井啓一国土交通相には土砂災害に対応する責任があることを指摘し、「災害対応を優先したいという意思は示さなかったのか」とただしました。石井国交相は「私は国会の意思に従っている」などと述べ、災害対応への意思は示しませんでした。

 大門氏は「大臣がそういう姿勢だから同じような災害が何年たっても繰り返される」と指摘。「被災者を出さない、人命を尊重する立場で踏み込んだ検討をするのが政治の役割だ」と強調しました。

 

    写真

   (写真)質問する大門実紀史議員=10日、参院内閣委

 

       .......................................................... 

 

 ボランティア活動を進めよう

 日本共産党が呼びかけ

 日本共産党は、西日本を中心とした記録的豪雨による被災地でのボランティア活動を呼びかけます。

 被災地では、死者や行方不明者、全壊家屋、床上浸水、床下浸水など被害は多数に及んでいます。とりわけ、岡山県、広島県、愛媛県は、深刻な被害に見舞われました。豪雨が去った後も、訪問活動、浸水家屋の泥だし、ゴミの片づけや収集、生活支援などのボランティア活動が求められています。

 被災地では、自治体や社会福祉協議会が「災害ボランティアセンター」を開設し始めています。各地の「災害ボランティアセンター」の開設状況や留意事項、ボランティア保険の登録などについては、全社協のホームページを参考にしてください(https://www.saigaivc.com/20180709/)。

 また、共産党のホームページの特設コーナーで随時紹介するようにします。

 

 写真

 (写真)体育館の板張りにカーペットと薄い毛布を重ねただけの上で横になる高齢の避難者ら=10日

 

 西日本豪雨で被災した方々は、生活の立て直しや被災住宅の再建に懸命に取り組んでいます。国・自治体の主な支援制度を紹介します。
 生活再建に活用できます 

【罹災(りさい)証明書】

 家屋や家財道具(店舗の場合は商品)等の被害に対し発行するもので、災害救助法が適用されていない自治体の住民でも交付されます。被災状況の写真などが必要になる場合がありますので、写真を撮っておきましょう

 〇申請 市町村

【災害弔慰金】

 災害により家族を亡くした遺族に支給

 〇支給額

 (1)生計維持者が死亡した場合 500万円を超えない範囲で支給

 (2)その他の者の場合 250万円を超えない範囲で支給

 〇対象の遺族 配偶者、子、父母、孫、祖父母

 〇問い合わせ 市町村

【災害障害見舞金】

 災害による負傷・疾病で精神または身体に重度の障害を受けた人に支給

 〇支給額

 (1)生計維持者が重度の障害を受けた場合 250万円を超えない範囲

 (2)その他の者の場合 125万円を超えない範囲

 〇問い合わせ 市町村

【災害援護資金】

 災害で負傷または住居、家財に損害を受けた人に貸し付け

 〇貸付限度額

 (1)世帯主に1カ月以上の負傷がある場合 

 (ア)負傷のみ 150万円

 (イ)家財の3分の1以上の損害 250万円

 (ウ)住居の半壊 270万円

 (エ)住居の全壊 350万円

 (2)世帯主に1カ月以上の負傷がない場合 

 (ア)家財の3分の1以上の損害 150万円

 (イ)住居の半壊 170万円

 (ウ)住居の全壊(エの場合を除く) 250万円

 (エ)住居の全体の滅失または流失 350万円

 〇貸付利率など 年3%、据え置き3年以内(特別な場合5年)で据置期間中は無利子。所得制限あり

 〇問い合わせ 市町村

【被災者生活再建支援制度】

 災害により住宅が全壊するなど生活基盤に著しい被害を受けた世帯に支援金を支給

 〇支給額 次の(1)と(2)の支援金の合計額(世帯人数が1人の場合は、各該当欄の金額は4分の3になります)

 (1)住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)

 (ア)住宅の被害程度が全壊等の場合 100万円

 (イ)大規模半壊の場合 50万円

 (2)住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)

 (ア)住宅の再建方法が建設・購入の場合 200万円

 (イ)補修の場合 100万円

 (ウ)賃借(公営住宅を除く)の場合 50万円

 〇対象となる被災世帯

 (1)住宅が「全壊」した世帯

 (2)住宅が半壊、又は住宅の敷地に被害が生じ、倒壊防止などやむを得ず解体した世帯

 (3)災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯

 (4)住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ住居することが困難な世帯(大規模半壊世帯)

 〇問い合わせ 都道府県、市町村

【生活福祉資金の貸付(住宅補修費)】

 低所得、障害者、高齢者の世帯に対し住宅補修などに必要な経費を貸し付け

 〇貸付限度額 250万円

 〇貸付利率など 年1.5%、連帯保証人を立てた場合は無利子、償還期間7年以内・据置6カ月以内

 〇生活福祉資金には緊急小口資金(貸付限度額10万円)、災害援護資金(同150万円)などもあります

 〇問い合わせ 県、市町村、社会福祉協議会

【住宅の応急修理制度(災害救助法)】

 災害により住宅が半壊し、自ら修理する資力のない世帯に対して、居室、台所、トイレなど日常生活に必要な最低限の部分を応急的に修理

 〇修理限度額 52万円(ただし現物給付)

 〇問い合わせ 都道府県、市町村

 

    .......................................................... 

 

 きょうの 潮 流

 

 敗残兵だった原作者は、自分の分身にめぐり会えたと感慨にひたりました。母は日に日に形相が変わっていく息子に「おまえを本当に戦争にとられたような気がした」▼五味川純平の小説「人間の條件」。戦争という極限下で人間としての良心を貫こうとした主人公「梶」。24歳のときにテレビドラマで演じた、その青年役が加藤剛さんの俳優人生の原点になりました。日本人のたくさんの「梶」たちが残していった遺書を受け取る覚悟で▼以来、80歳で亡くなるまで原点は揺らぎませんでした。「戦争を憎み、平和を選ぶという作品に多く出演してきました。俳優の仕事は、戦争を起こさない世の中をつくること。それが使命だと思う」▼反戦平和への強い気持ちはみずからの体験も。生まれ育った静岡・御前崎にも落ちた爆弾。実の兄のように慕っていた義兄は南洋諸島で「玉砕」。戦後の食糧難と物不足のなかで死んでいった姉…。あの悲惨さを実感として知る最後の世代といいながら、戦争の愚かさを伝え続けました▼平和な時代の礎となった憲法には特別な思いを。憲法は戦争で亡くなった人たちの「夢の形見」。絶対に守りぬかなければと、自身が属する俳優座9条の会の呼びかけ人にも。執ように改憲を狙う安倍政権を本紙でも批判していました▼逆に、一貫して戦争に反対し、憲法を守る日本共産党には熱い期待を寄せてくれました。その党はもうすぐ創立96周年を迎えます。加藤さんの遺志をうけつぎ、平和の声をさらに大きくと。

 

     .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 ●閉会中の所管事務調査=常任委員会

 建設企業委員会 7月24日(火)

 観光文教委員会 8月 7日(火)

 総 務 委員会 8月17日(金)

 厚生消防委員会 8月21日(火)

 市民環境委員会 8月23日(木)

 ※開会時間は、いづれも13時からです。

 

 次の本会議は「9月定例会」です。

   日程は、未定です。

              

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程(議会関係以外)

 

 2 

 7月19日(木)・「怒りの行動日宣伝」

   22日(日)・奈良市日本共産党後援会バスツアー

          和歌山県の高野山に行きます。参加費7,000円

   28日(土)・般若寺「平和の塔のつどい」16時〜

 8月 4日(土)・国会報告会 14時〜 奈良100年会館小ホール

 9月 9日(日)・国会論戦と日本経済 14時〜中部公民館

          講師:大門みきし参院議員

   22日(土)・奈良赤旗まつり 10時〜奈良県文化会館とその周辺

          記念講演=山下よしき副委員長・参院議員     

 ..........................................................................

 

 赤旗電子版7月2日スタート 申し込み受付は午前9時から

 しんぶん赤旗電子版のご紹介

 パソコンでも、スマホでも

 インターネットの閲覧環境があれば、いつでも、どこでも「しんぶん赤旗電子版」をご覧いただけます。

 地方版を含む全紙面を閲覧できます

 電子版の紙面ビューアでは、全国の地方版の紙面もご覧いただくことができます。

 

 豊富な記事をテキストでも

 豊富な記事を、テキスト表示で読むことができます。

 ※テキスト記事は編集局が選んだ記事のみになります。

 過去1年分の記事を検索できます

 過去1年分の記事を検索していただけます。2週間以内の記事は電子版サイトで掲載したもののみになりますが、2週間以前であれば独自記事についてはほぼそのまま閲覧することができます。

 

お申し込みの方は、下記アドレスをクリックの上、手続きしてください

  https://www.akahata-digital.press/

 

  ..........................................................................

 

●あなたも「JCPサポーター」に登録していただけませんか

 ※下記をクリックすれば登録画面に

 https://www.jcp.or.jp/supporter/

 

  ..........................................................................

 

   松岡かつひこプロフィール 

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、現在5期目。
  建設企業委員
  日本共産党奈良市会議員団副団長

● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

       ..........................................................

 

スポンサーサイト

2018.11.16 |
コメント
コメントする