<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main | 「K」さんからの指摘 >>

いつでも 元気!

2014.10.23 | 10:52
014年 10月 23日 (木)  はれ

これまで使っていた「F2ブログ」から移転しました。
これからもご意見をお寄せいただきますようお願いします。


 なにせ、なれないブログですから、まだまだ親しめないかもしれません。随時、改善していきますのでご理解ください。

奈良市議会9月議会報告ニュースの作成の打ち合わせです。
少し遅れていますが、何とか10月中に発行したいと思っています。
市会議員団7名で作成しています。
今日がビラの「再校」です。来週の月曜日には「最終稿」となり、月内か来月早々には完成の予定です。

       




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

建設企業委員会がありました。同委員会には「あやめ池ちびっ子広場の設置を求める請願書」が付託されています。
同請願が議会に提出されたのは昨年の11月21日。
この間、委員会で3回の「審査」が行われており、次回の建設企業委員会(11月6日<木>)で採決をする方向で調整に入ったと言われています。
詳細は、後日お知らせします。



       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  きょうの 潮流 

 フランスのサルコジ前大統領が就任直後に国民を騒然とさせたことがあります。先の大戦中にナチス・ドイツの占領下で銃殺された17歳の“最後の手紙”を全国の高校で朗読させるよう指示したのです。
 愛国主義の強制や政治利用だとの声が高まり、批判がひろがりました。しかし、大統領の強引な手法は改めて史実を呼び覚まします。自主的な朗読や授業が行われ、戦争の罪が語り継がれているといいます。
 ナチスに命を奪われた少年の名はギィ・モケ。共産党のレジスタンス(抵抗運動)に参加し逮捕され、仏西部にあるシャトーブリアンの収容所に。1941年10月22日、ある事件をきっかけに多くの共産党員とともに殺されました。
 始まりは占領下での1人のドイツ軍将校の暗殺でした。怒ったヒトラーは、報復としてフランス人の人質150人の処刑を要求。モケを含む27人の共産党員たちは名前を呼ばれてから、わずか数時間後に銃殺刑に処されました。
 レジスタンスの象徴ともなった悲劇を、ドイツ人監督が描いた映画「シャトーブリアンからの手紙」が今週末から公開されます。シュレンドルフ監督は、戦後、独仏の和解が進んだからこそ、この映画は撮れたと。
 「もちろんぼくは生きたい。でも心から願っていることは、ぼくの死が何かの役に立ってくれること。17歳と半年の短い人生。なにも悔いはありません」。モケが両親に宛てた最後の手紙。歴史を記憶し、過去を乗り越え、手を携える―。日本が見習うべき道があります。     
                                          
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   第16回 奈良赤旗まつり ●

■ 11月22日(土) 午前10時〜 
■ なら100年会館大ホールと時の広場

 
 楽しさ爆発! 勇気100倍  「模擬店」や「子どものコーナー」「文化行事」など、家族そろって楽しめる企画が盛りだくさん。
 記念講演では「市田忠義」(日本共産党副委員長)が行います。
 ご家族・ご近所お誘い合わせてお越しください。
 
  参加協力券 大人:1000円、 中・高・学生・障がい者:500円 
    (好評取り扱い中です=詳しくは、松岡かつひこまで)
  物産・模擬店(一部)を紹介します。
   チヂミ・豚汁・豆ごはん・おでん・三色団子・三笠饅頭・焼きそば・焼き鳥・フランクフルト・アマゴの塩焼き・さんまの塩焼き・富山県かまぼこ・各種丼物・カレー・居酒屋風おつまみ・炊き込みご飯など。
  (※ 天候等により出品が変更されることがあります。了承ください)
                                                                     

● 昨年4月に行われた「奈良赤旗まつり」より
 
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ お元気ですか 「 小林てるよ 」 です。 

● プロフィール 
 1940年、愛知県生まれ。
 高校卒業後、保育士として公立保育所に10年間勤務。その後日本福祉大学を卒業し、1973年から奈良市西大寺にある吉田病院で医療ソーシャルワーカーとして勤務。1983年〜2009年まで7期25年、奈良市議会議員。
 2010年3月まで障害者生活介護の相談支援員。
 現在、奈良県議会議員、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、日本共産党県政福祉医療対策委員長
 ● 生活相談地域= 富雄、富雄南、伏見、登美ヶ丘、登美ヶ丘北、二名の各中学校区と平城、都跡の中学校区の一部

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ● 松岡かつひこ 直近の予定
 ● 休会中の「常任委員会」日程が次のとおり行われます。

  市民環境委員会  10月31日(金)
  観光文教委員会  11月 5日(水)
  建設企業委員会  11月 6日(木)
  厚生消防委員会  11月10日(月)
  総 務 委員会  11月18日(火)

 ※ 開会時間はいづれも13時からとなる予定です。また、「建設企業委員会に付託されている『ちびっ子広場の設置を求める請願』」等、各種「請願」も審査されます。
 「常任委員会」の直接傍聴もできますので、ぜひお越しください(12時30分ぐらいに議会棟にお越しください)。

■ 12月議会の「内示会」・「開会日」が内定しました。
11月20日(木)「内示会」
11月27日(木)「開会日」
 
※ 会期、代表質問日、一般質問日などは後日お知らせします。
    
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


● しんぶん「赤旗」のお申し込みは、松岡かつひこまで(見本誌を希望の方も連絡ください)。
〒631-0033
奈良市あやめ池南七丁目 564-62
☎ 0742-48-8188  

スポンサーサイト

2017.09.25 |
コメント
これからは拍手が出来なくてゴメンナサイ

私はフェイスブックに登録して居ないので「いいね」にチェックを入れる事

が出来ないので悪しからず・・・・ゴメンナサイ
  • ことな
  • 2014.10.23
  • 16:41
コメントする