<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山添村に市田党副委員長を迎えて

2017.07.23 | 19:20

017  7   23(日 はれ                               

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・市田党副委員長を迎えて

 

 山添村に出かけます。

 同村ではまもなく「村議選」(8月29日告示・9月3日投票)が行われます。

 

 先立ち、先の都議選の流れを山添でも、そして衆院選挙に・・・・・。

 安倍自公政権とそれに手を貸す「維新」の政治に痛打を与えましょう。その思いで「くらし・国政を語りあう”つどい”」として開かれました。

 

 同村の役場が新しく建て替えられた「新役場」でおこなわれ、80名を超える参加者です。

 

 市田さんの話は分かりやすく納得できます。

 

    

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 先月現役を引退した加藤一二三さんは、負けた将棋から多くを学んできたといいます。2500をこえる対局の中で重ねた歴代1位の1180敗。「私は負けて強くなった」と断言します▼プロ野球の野村克也さんも「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と、よく口にしていました。負けたときには必ず相応の理由がある。だから、それを分析し、克服していくことが勝ちにつながるのだと▼大相撲で歴代最多の勝ち星を重ねた白鵬も黒星がバネになってきました。若い頃は泣いて部屋に帰り、悔しくて眠れない。横綱になってからは一つの負けに死にたいと思ったときも。その負けず嫌いが隙のない相撲と安定した強さをつくり上げました▼孤高の代名詞がつくように一人横綱として長年角界を支え、他の力士の壁となって体を張ってきた自負と折れない心のタフさも。「相撲の奥深さ」をくり返すのも、つねに揺るぎない強さを求めているからでしょう▼勝利は達成感や自信につながりますが、そこに浸っていてはやがて過信や慢心が生まれます。白鵬のすごさは、未踏の頂に達してもなお高みを目指す向上心と衰えぬ闘志に▼「数々の名局を指してきたことが大きな誇りであり、喜びだった」と先の加藤さん。ライバルたちとの命を削るようなつばぜり合い、何かを極めたいと己の情熱のすべてをぶつけた日々。そして、いつも力を尽くし、正々堂々とたたかうこと。それは単なる勝ち負けをこえ、光り輝く価値あるものです。

  

     .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 8月10日(木)・8月臨時議会「内示会」

          ※この日に「(新議員18全員による)全員協議会」が開かれ、年長者すすめることに。

   17日(木)・8月臨時議会開会予定

          18・21・22・23日の間に正副議長、各常任委員会の正副委員長などの「役員選挙」が行われます。    

   23日(水)・閉会予定

  現在、市議会の「会派届」の準備がされています。

  日本共産党奈良市会議員団は6名で届けることになります。 

  先の市会議員選挙当選者での各党の「公認」候補は

  日本共産党:6名

  自民党  :6名

  公明党  :7名

  維新   :3名

  民主   :2名

  でしたが「会派届」(7月31日)の際にはどうなるか注目されます。

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程

 

 7月

   24日(月)・団会議

   27日(木)・平和のための奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター)

          ※〜30日(日)まで。午前9時〜午後5時

    28日(金)・奈良市社会保障推進協議会

          13時〜 吉田病院

 8月 4日(金)・日本共産党奈良地区委員会総会

    5日(土)・日本共産党奈良県委員会総会

         ・奈良県キャラバン宣伝

    6日(日)・原子爆禁止世界大会(広島大会)

          7日(月)〜9日(水)が(長崎大会)

   10日(木)・近畿地域全駅宣伝

   15日(火)・「戦争法強行採決を許さない怒りの行動」(毎月15日に行っています)

          10時30分〜11時30分(近鉄学園前駅南口)

   21日(月)・日本共産党奈良市会議員団定期総会

          9時30分〜

          ※「臨時議会」の開催などになれば「変更」することも

 

   ..........................................................................

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、
現在4期目。
  現在:日本共産党奈良市会議員団副団長
  現在:議会運営委員、建設企業委員、議会制度検討委員
  ※7月31日以降の「新議会」で新しい任務につくことになります。
● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

老老介護・・・・・・

2017.07.22 | 22:42

017  7   22(土 はれ                               

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・

 

 知り合いに老夫婦がいます。

 奥さんが「認知症」で一人で自宅にいることが出来ません。そのご主人は、体調を壊し入院することになり、奥さんは「高齢者施設」に。

 ご主人が退院して以降も「老老介護」の実態の中、奥さんがそのまま「施設」に入所したままです。

 

 ご主人が「奥さんの顔を見たい、会いたい」と思っても、施設側から「来てもらっては困る」と言われています。

 「施設に行き、奥さんに会うと帰宅したがるから・・・・・」ということでしょうか。

 「長年寄り添った連れ合いが、離れ離れでの生活を余儀なくされる・・・・・」。言葉になりません。

 

 何とかならないものかと考えさせられます。

 

    

     ●イラストは「フリー素材」をお借りしています。

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 1996年に内閣法によって役職として法定化した首相補佐官。当初の定員3人が5年後に5人に増員されました。内閣の重要政策について直接首相に助言できる立場で、「影響力は大臣以上」(自民党国会議員)とも言われるほどです▼加計学園の獣医学部新設をめぐり昨年秋、文部科学省の前川喜平事務次官(当時)に新獣医学部の手続きを進めるよう圧力をかけたのは和泉洋人首相補佐官でした。官邸に呼びつけ、「総理が自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と▼前川氏は記者会見で和泉氏について「一番のキーパーソン」だと評しました。安倍首相の側近中の側近が、「私が代わりに言う」と命令する。まさに「総理のご意向」そのものです▼歴代の首相補佐官は、国会議員が大半ですが、和泉氏は国交省出身の元官僚。補佐官としての担当は、「国土強靱(きょうじん)化」、「地方創生」から「健康・医療に関する成長戦略」など異例の広範囲です。一見目立たない元官僚を、首相の黒子として暗躍させる。「国家私物化」の手口の一端が垣間見えてきます▼来週開催予定の国会閉会中審査には、和泉氏が、前川氏らとともに招致されます。キーパーソンが安倍首相や前川氏を前にして何をしゃべるのか▼山本幸三地方創生担当相が、事業者決定前にもかかわらず、加計学園を前提にした発言を日本獣医師会にしていたことも判明しました。「加計ありき」ですすめた手口は。首相はどう関わったのか。真相解明は、まだまだこれからです。 

  

     .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 8月10日(木)・8月臨時議会「内示会」

          ※この日に「(新議員18全員による)全員協議会」が開かれ、年長者すすめることに。

   17日(木)・8月臨時議会開会予定

          18・21・22・23日の間に正副議長、各常任委員会の正副委員長などの「役員選挙」が行われます。    

   23日(水)・閉会予定

  現在、市議会の「会派届」の準備がされています。

  日本共産党奈良市会議員団は6名で届けることになります。 

  先の市会議員選挙当選者での各党の「公認」候補は

  日本共産党:6名

  自民党  :6名

  公明党  :7名

  維新   :3名

  民主   :2名

  でしたが「会派届」(7月31日)の際にはどうなるか注目されます。

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程

 

 7月

   24日(月)・団会議

   27日(木)・平和のための奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター)

          ※〜30日(日)まで。午前9時〜午後5時

    28日(金)・奈良市社会保障推進協議会

          13時〜 吉田病院

 8月 4日(金)・日本共産党奈良地区委員会総会

    5日(土)・日本共産党奈良県委員会総会

         ・奈良県キャラバン宣伝

    6日(日)・原子爆禁止世界大会(広島大会)

          7日(月)〜9日(水)が(長崎大会)

   10日(木)・近畿地域全駅宣伝

   15日(火)・「戦争法強行採決を許さない怒りの行動」(毎月15日に行っています)

          10時30分〜11時30分(近鉄学園前駅南口)

   21日(月)・日本共産党奈良市会議員団定期総会

          9時30分〜

          ※「臨時議会」の開催などになれば「変更」することも

 

   ..........................................................................

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、
現在4期目。
  現在:日本共産党奈良市会議員団副団長
  現在:議会運営委員、建設企業委員、議会制度検討委員
  ※7月31日以降の「新議会」で新しい任務につくことになります。
● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

議会つうしん癸苅

2017.07.21 | 12:45

017  7   21(木 はれ                               

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・8月臨時議会が内定しました

 

 「議会つうしん」(癸苅検法

 8月臨時議会の日程が内定しました。そのご案内です。

 特に、8月は「夏季休暇」の関係もあってあらかじめ日程がわかってれ計画も立てやすくなります。

 

 このブログの最後の方に「奈良市議会日程」欄がありますので、参照してください。

 

     

 

           ...............................

 

 奈良市役所写真クラブ「光彩会」の第21回写真展の案内をいただきます。

 奈良市内の魅力に光をあてた「写真」・なかでも「鹿」を主人公に配し写真は、毎回楽しみのひとつでもあります。

 案内はがきに印刷されている「写真」も「鹿」が登場します。

 「ほっ」とするシーンをみごとに写しています。

 写真展は

 ■ 7月27日(木)〜30日(日)

 ■ 9時30分〜17時00分

   ※初日は13時〜 最終日は16時まで

 ■ 入江泰吉記念奈良市写真美術館(一般展示室)

 ■ 入場無料

 

     

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 日本共産党の創立95周年記念講演会後、各地で入党者が相次いでいます。先の都議選で初めて町田市で党議席を勝ち取った池川友一さんの周りでも新しい仲間を迎え入れています▼都内の大学2年生は、志位さんの核兵器禁止条約の話を聞いて感銘を受けたといいます。池川さんから「1人の100歩より、100人の1歩。あなたの1歩が社会を大きく変える」と呼びかけられ、ともにがんばると決意しました▼確信を深め合った講演会。党歴70年の不破さんは自身の体験や実感を込めて95年の党史を。志位さんは都議選の躍進と、核のない世界への前向きな変化を。歴史の奥行き、視野の広さ、進路を見通す党綱領の確かさ。ほかの党にはまねのできない話をたっぷりと▼歯を食いしばって耐えた苦難の時代、孤独なたたかいを強いられた時期、こつこつと地道な活動を続けた日々、そして、躍進を喜び合ったとき…。寄せられた数々の感想には、みずからの人生と重ね合わせた言葉がつづられていました▼底なしの疑惑と隠ぺいが日ごとあらわになる安倍政権に、いま国民の不信と怒りが渦巻いています。深まる政権の矛盾と危機。その根源は「専制独裁という安倍ウルトラ右翼政権の体質そのものにある」と不破さん▼主催の不手際で視聴できなかった方々にはおわびとともに、ぜひ改めて。入党44年、先頭に立って情勢を切り開いてきた志位さんがしみじみと語りました。「この道を選んで幸せだった」。誰もがそう思える95年の歩みです。 

  

     .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 8月10日(木)・8月臨時議会「内示会」

          ※この日に「(新議員18全員による)全員協議会」が開かれ、年長者すすめることに。

   17日(木)・8月臨時議会開会予定

          18・21・22・23日の間に正副議長、各常任委員会の正副委員長などの「役員選挙」が行われます。    

   23日(水)・閉会予定

  現在、市議会の「会派届」の準備がされています。

  日本共産党奈良市会議員団は6名で届けることになります。 

  先の市会議員選挙当選者での各党の「公認」候補は

  日本共産党:6名

  自民党  :6名

  公明党  :7名

  維新   :3名

  民主   :2名

  でしたが「会派届」(7月31日)の際にはどうなるか注目されます。

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程

 

 7月

   24日(月)・団会議

   27日(木)・平和のための奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター)

          ※〜30日(日)まで。午前9時〜午後5時

    28日(金)・奈良市社会保障推進協議会

          13時〜 吉田病院

 8月 4日(金)・日本共産党奈良地区委員会総会

    5日(土)・日本共産党奈良県委員会総会

         ・奈良県キャラバン宣伝

    6日(日)・原子爆禁止世界大会(広島大会)

          7日(月)〜9日(水)が(長崎大会)

   10日(木)・近畿地域全駅宣伝

   15日(火)・「戦争法強行採決を許さない怒りの行動」(毎月15日に行っています)

          10時30分〜11時30分(近鉄学園前駅南口)

   21日(月)・日本共産党奈良市会議員団定期総会

          9時30分〜

          ※「臨時議会」の開催などになれば「変更」することも

 

   ..........................................................................

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、
現在4期目。
  現在:日本共産党奈良市会議員団副団長
  現在:議会運営委員、建設企業委員、議会制度検討委員
  ※7月31日以降の「新議会」で新しい任務につくことになります。
● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

松岡かつひこ後援会の「お疲れ様会」

2017.07.20 | 22:44

017  7   20(水 はれ                               

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・市議選お疲れ様会

 

 先の奈良市議選挙での「お疲れ様会」(市会選挙報告会)が行われました。

 西大寺赤田町の「こがねの里」です。

 たくさんの皆さんが参加してくれました。

 あらためて、選挙戦ありがとうございました。お疲れ様でした。

 

 

 

           ...............................

 

 「今、奈良市議会はどうなっているのですか? 選挙がすでに終わっているのに・・・・・」。

 そんなお声をいただきます。あらためて紹介しますと、

 現在の市会議員の任期は7月30日までとなっており、先の市会選挙で選出された「議員」の任期は7月31日(月)からとなります。

 そのため、現在の議長・副議長などは引き継がれ、7月31日から「新議会構成」となるのです。

 8月中旬(お盆明けあたり?)ごろに議会が収集され、議長・副議長選挙などが行われる見通しです。

 

  

 

 写真の出退表は、現在の議員です。

 新しい議会の時に本会議場の「議席」が確定すると、その議席の順に「出退表」も直されます。

 なお、市長は「再選」されましたから「そのまま”引き継ぎ”」されることになります。

 

           ...............................

 

 先の国連での「核兵器禁止条約」採択を受けてのもので、私も全身から喜びの拍手を贈りたいと思います。

 これまで国連では、「生物・化学兵器」は国際法上も人道的にも「違法兵器」とされてきましたが、先の国連で「核兵器」も違法との条約が採択されたことは、核兵器廃絶に向けて大きな一歩を歩み出すものと言えます。

 情けないのは日本政府。

 唯一の戦争被爆国でありながら「アメリカの顔を伺って」同条約の採択を行った国連会議を欠席。おまけに「条約批准は行わない」と発する始末。日本の政党では、日本共産党だけが国連会議に参加し、堂々と「同条約」の採択に向けて奮闘しました。

 

 7月10日、日本原水爆被害者団体協議会が声明を発表しました。以下、紹介します。

 

     72年間 被爆者が求め続けてきた核兵器廃絶の実現のために(日本被団協の声明)

 広島・長崎への原爆投下から72年、日本被団協を結成してから61年目の今年、「ふたたび被爆者をつくるな」と願い、訴え続けてきた原爆被害者にとって、核兵器禁止条約の採択は、誠に大きな喜びです。死者数としてだけ記録に残る多くの方々、運動に関わってこられた多くの先達、国内外の支援の方々と共に喜びを分かち合いたいと思います。
 「核兵器の使用の被害者(hibakusha)の受け入れがたい苦しみ」に心を寄せた条約の前文は、一発の核兵器がもたらした非人道性を明記しています。
 あの日、理由もわからず瞬時に命を奪われた方々。そしてかろうじて生きながらえてきた被爆者の苦しみ、それは深く、今なお続くものです。愛する者の死、生き残ったという罪悪感、脳裏に焼き付いたままの光景、音、声、匂い、原因不明の病気、生活苦、世間の偏見、差別、あきらめた多くの夢。それは人種、国籍、年齢、性別を問わず、きのこ雲の下にいた者に、被爆者として死に、また生きることを強いるものでした。
 日本被団協結成の1956年、「世界への挨拶」で「私たちは自らを救うとともに、私たちの体験をとおして人類の危機を救おうという決意を」宣言し、今日まで、決してあきらめることなく、歩んできました。今、その宣言が実る道筋が見えてきました。私たち被爆者は、非人道的な核兵器被害の実相を体験を通して世界の人々に伝え、核兵器のない平和な世界の実現をめざすという「公共の良心」の役割を、これからも担い続けていきます。
 核兵器をつくったのは人間です。そして使ったのも人間です。そうであれば、なくすことができるのも人間です。核兵器が廃絶されるまで、世界の市民社会の皆さんと共に歩み続けましょう。

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 若くして人間社会の不条理な貧富の差に思い悩んだドイツのシュバイツァー博士は晩年までアフリカでの医療活動に従事し、ノーベル平和賞を受けました▼「人間に対する真実の愛とは、ともに経験し、ともに苦しみ、そして助けること」。実践を通して説いた生命への畏敬。それを胸にとどめ、命と平和の尊さを万人に伝えたのが“生涯現役医師”を貫いた日野原重明さんでした▼京大在学中に患った結核、地獄を見たという東京大空襲、戦後はよど号ハイジャック事件の人質にも。自身の体験とともに聖路加国際病院で70年以上も向き合った生と死。「命とは自分が使える時間。その時間を少しでも自分以外の人のために」と▼医師こそ平和運動に身を捧(ささ)げるべきが信条でした。命を守るとは憲法を守ることと、9条改悪の動きや戦争法案に反対するメッセージを本紙に寄せてくれました。「憲法を守っているのは共産党だけ」とも▼原水爆禁止世界大会の賛同者に名を連ね、被爆国の日本が核兵器廃絶に力を尽くすよう求めました。人類愛を忘れたあの誤りを新しい世代がくり返さないことを願って教えるのが本当の歴史だと、子どもたちに戦争を語り継ぎました▼被爆60周年のとき、小澤征爾さんと一緒に記念のコンサートを広島で開きました。自作の詩「平和の日を子どもたちが」を朗読した日野原さん。「人を心から愛するためにすべてを恕(ゆる)そう/人の命を愛する国民に生まれ変わって」。生きる勇気を与え続けた105年の生涯でした。

  

     .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 奈良市議会は、現在「休会」中です。

 予定が入りましたらお知らせします。

 ※先の市長・市会議員選挙の結果、新しい議員が誕生しています。

  臨時議会を開き、議長・副議長、常任委員長などを選出することになりますが、現在の議員の「任期」は7月30日までとなっているため、8月には「臨時議会」が開かれることになります。 

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程

 

 7月

   24日(月)・団会議

   27日(木)・平和のための奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター)

          ※〜30日(日)まで。午前9時〜午後5時

    28日(金)・奈良市社会保障推進協議会

          13時〜 吉田病院

 8月 4日(金)・日本共産党奈良地区委員会総会

    5日(土)・日本共産党奈良県委員会総会

         ・奈良県キャラバン宣伝

    6日(日)・原子爆禁止世界大会(広島大会)

          7日(月)〜9日(水)が(長崎大会)

   10日(木)・近畿地域全駅宣伝

   15日(火)・「戦争法強行採決を許さない怒りの行動」(毎月15日に行っています)

          10時30分〜11時30分(近鉄学園前駅南口)

   21日(月)・日本共産党奈良市会議員団定期総会

          9時30分〜

          ※「臨時議会」の開催などになれば「変更」することも

 

   ..........................................................................

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、
現在4期目。
  現在:日本共産党奈良市会議員団副団長
  現在:議会運営委員、建設企業委員、議会制度検討委員
  ※7月31日以降の「新議会」で新しい任務につくことになります。
● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

日本共産党創立95周年記念講演会

2017.07.19 | 23:03

017  7   19(水 はれ                               

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・日本共産党創立95周年記念講演

 

 7月15日が日本共産党の誕生日です。

 創立して、満95歳を迎えます。

 

 今日は、創立記念の「記念講演会」

 インターネットでの「視聴」となります。

 奈良県文化会館中ホールで行います。

 

 久しぶりの「不破哲三議長」の党史を振り返っての記念講演

 そして、志位和夫委員長の都議選での躍進と「核兵器禁止条約採択」の歴史的な動きを確信にする記念講演。

 

 野党共闘と市民の共同をさらに大きく・太くし、そして日本共産党をもっと強くし、安倍自公政権を必ず倒す。そんな勇気と元気をもらえる記念講演でした。

 

   

 

   

   ●不破哲三議長

 

 

   

   ●志位和夫委員長

 

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 〈蛇皮線の島/泡盛の島//詩の島/踊りの島/唐手の島〉と高らかに始まる「沖縄よどこへ行く」は、沖縄県那覇出身の詩人・山之口貘(やまのくちばく)(1903〜63年)の詩です▼果物が豊かに実り、赤い花々が炎のように咲き誇る島の美しさを追想しながら、中国と日本に翻弄(ほんろう)された歴史を振り返り、第2次世界大戦の惨禍とアメリカの軍事基地となった戦後を示唆して〈沖縄よ/傷はひどく深いときいているのだが/元気になって帰って来ることだ〉と祖国復帰を呼びかけます▼きょう7月19日は山之口貘の忌日です。享年59歳。19歳で沖縄を離れ上京。翌年、関東大震災に遭い帰郷しますが、破産した一家は離散。再び上京した22歳の時から住所不定の放浪生活が続きます。求人広告の「朝鮮・琉球おことわり」が普通の時代、暖房工事、ダルマ船での鉄クズ運搬、汲(く)み取り屋などの職を転々としました▼そんな生活の中でも決して詩を手放さず、後に〈書くということ、それは、生きるということの同義語〉〈詩という奴(やつ)は(略)生きろ生きろと耳うちをしてくる奴なのだ〉と記しています▼反戦の詩は鮮烈です。道路で死んだネズミが、次から次に車にのされてペラペラになってしまうさまを描いた「ねずみ」には、命を紙切れのように蹂躙(じゅうりん)する戦争への憤りが込められています▼以前、娘の山之口泉さんが詩人の遺(のこ)した言葉を紹介してくれました。「付和雷同が一番いけない。自分でものを考えなさいよ」―半世紀を超えて私たちに問いかけてきます。

  

     .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 奈良市議会は、現在「休会」中です。

 予定が入りましたらお知らせします。

 ※先の市長・市会議員選挙の結果、新しい議員が誕生しています。

  臨時議会を開き、議長・副議長、常任委員長などを選出することになりますが、現在の議員の「任期」は7月30日までとなっているため、8月には「臨時議会」が開かれることになります。 

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程

 

 7月20日(木)・奈良市議選の「松岡かつひこ後援会」お疲れ様会

   24日(月)・団会議

   27日(木)・平和のための奈良市戦争展(奈良市生涯学習センター)

          ※〜30日(日)まで。午前9時〜午後5時

    28日(金)・奈良市社会保障推進協議会

          13時〜 吉田病院

 8月 4日(金)・日本共産党奈良地区委員会総会

    5日(土)・日本共産党奈良県委員会総会

         ・奈良県キャラバン宣伝

    6日(日)・原子爆禁止世界大会(広島大会)

          7日(月)〜9日(水)が(長崎大会)

   10日(木)・近畿地域全駅宣伝

   15日(火)・「戦争法強行採決を許さない怒りの行動」(毎月15日に行っています)

          10時30分〜11時30分(近鉄学園前駅南口)

   21日(月)・日本共産党奈良市会議員団定期総会

          9時30分〜

          ※「臨時議会」の開催などになれば「変更」することも

 

   ..........................................................................

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、
現在4期目。
  現在:日本共産党奈良市会議員団副団長
  現在:議会運営委員、建設企業委員、議会制度検討委員
  ※7月31日以降の「新議会」で新しい任務につくことになります。
● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................