<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

委員会採決

2017.09.25 | 17:50

017  9月   25(月 はれ                              

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・

 

 朝から、メール・フェイスブック・ラインなどSNSでたくさんの方から「おめでとう」の言葉をいただいます。

 今日は63回目の”誕生日”になります。

 

 あらためて自身の生き方を振り返る機会の日にしたいと思います。

 同時に、私が生まれ育った時は「貧困」状態でしたが、社会・政治との関係など頭にはありませんでした。考えようともしなかった。転機となったのは「証券会社に就職」して以降となります。

 誠実に、笑顔で明るく、弱者に心を寄せて・・・・・。

 これからも心に刻んで生きていきたいと思います。

 

   

 ●【写真:左】私が幼少のころ。中央の母に抱かれているのが私です

 【写真】和歌山県有田郡清水町上湯川(当時)の自宅前

 ●【写真:右】現在の私

 

            ..............................

 

 決算審査等特別委員会。今日は「市長総括質疑」が行われます。

 各党・会派、議員からも集中的に市長に対し質問が出されます。

 

 日本共産党奈良市議団は、火葬場という公益性・公共性が一番高い施設。その設計と建設はともかく、「火葬場の運営」については、やはり「市の直営で行うべきではないか」との考えのもと、現在提案されている市の計画案(設計・建設で約51億円=平成31年度まで)と(民間に運営業務委託で約24億9千万円=平成29年度から47年度までの15年間)のうち、設計・建設は了とするが「民間への運営業務委託」については、もう少し検討する必要があることを内容とした「修正案」を提出しました。

 

 委員会採決の結果、日本共産党奈良市会議員団から提出した「修正動議」は「賛成少数」により、「否決」されました。

 ついで「原案」についての態度になりますが、新火葬場の建設については市政上・市民生活のうえでも最重要課題であり、待ったなしの課題です。

 この間、日本共産党奈良市会議員団は「一日でも早く」との主張をしてきましたが、原案に反対するとなると、火葬場建設が大きく遅れることになり、それは避けなければならないため「原案に賛成」しました。

 

 

  

  ●決算審査等特別委員会に臨む日本共産党市議団(左から2人目が山口市議・その隣が井上市議)

 

 

  

  ●決算審査特別委員会の様子

 

 修正動議の趣旨説明は下記からご覧いただけます

  http://jcp-naracity.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=90&view=rich

 

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 アメリカ第2の都市ロサンゼルス市(カリフォルニア州)の議会が、コロンブスの米大陸到着(1492年)を祝う10月の第2月曜の「コロンブスデー」を「先住民の日」に変更すると決めました▼アメリカ合衆国にはもともと、独自の文化をもった先住民が生活していました。コロンブスがやって来たころ、数百万人がいました。18世紀に白人と恒常的に接触するまでは、現在のカリフォルニアにも31万人いたと推定されています▼この地域はその後、スペイン領、メキシコ領に、そして合衆国の州に組み込まれました。戦争、虐殺、強制移住、疫病などで、1870年には先住民は10分の1に激減しました▼コロンブスの航海目的は、黄金の略奪でした。それはヨーロッパ諸国による米大陸での原住民の虐殺、収奪、黒人奴隷に道を開きました。大陸到達500年を前にした国連に祝賀の決議案が出て、大激論になったことがあります。「国連が植民地主義を祝ったことはない」という発言が決定打となり、撤回されました▼ジェノバ出身の冒険家を愛するイタリア移民の運動で始まったコロンブスデー。ロサンゼルス議会の変更決定の後、議員の一人が言いました。「歴史的記録はあいまいではない。きょうの一歩は正義の一歩であり、歴史をはっきりさせる一歩だ」▼多くの犠牲を強いられ生き残ってきた先住民の現状や祝うべき正義、たたかいの歴史についてあまり知られていない。知ればアメリカ社会が、底辺から見えてくる気がします。

 

       .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 9月26日(火)・予備日

    28日(木)・最終日(閉会)

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程(議会関係以外)

 

 9月28日(木)・臨時国会開会:冒頭「解散」?

   30日(土)・衆院近畿ブロック日本共産党候補者のそろい踏み宣伝

          13時45分〜14時15分:近鉄奈良駅前

10月10日(火)・衆院選挙公示?

   22日(日)・衆院選挙投票日?       

11月 5日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー(彦根城へ)

          参加定員100名。参加者募集中です。

          お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 ※当初は10月22日に予定していましたが、「衆院解散・総選挙投票日」の可能性が濃くなったために「変更」されました。 

 

   ..........................................................................

 

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、現在5期目。
  議会運営委員・建設企業委員
  日本共産党奈良市会議員団副団長

● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

街頭からの宣伝

2017.09.24 | 17:41

017  9月   24(日 はれ                              

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・

 

 今日は、街頭からの宣伝にまわります。

 60歳前後と思われる男性から声がかかります。

 「北朝鮮問題もあるし、安倍さんの政治も怖い。民進党はふらふらしているし、ここは共産党に頑張ってもらわないと」と。

 

 いよいよ衆院解散・総選挙。

 もっともっとこの声を広げていきたいと思います。

 

  

 

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 いすゞ自動車の派遣切りを小説のモデルにした田島一さんの『時の行路』。会社側の身勝手で無法なやり方に組合をつくり、たたかう労働者の姿を描きました▼いま、その完結編『争議生活者』が上梓(じょうし)され、筆者があとがきで語っています。「真面目に働き懸命に生きる人間を否定する支配者の論理に抗し、自分たちの正しさを掲げて屈しなかった人々の営為は、まさに弱者にとっての『希望の灯』だった」▼きのう二つの裁判がありました。新入社員の高橋まつりさんを過労自殺に追い込んだ電通の罪が問われた公判。出廷した電通の社長は違法な残業を認め謝罪しました。裁判では、電通が労働基準監督署から是正勧告を受けたあとも抜本的な対策をとらず、社員がサービス残業を余儀なくされていた実態も明らかに▼公の場で裁かれた、利益を優先して労働者の心身の健康を顧みない会社の姿勢。死に至るまで働かせる違法な残業や長時間労働に警鐘を鳴らしました▼原発事故によってふるさとを奪われた避難者が起こした集団訴訟。千葉地裁は東京電力の損害賠償を一部認めました。しかし半年前の前橋地裁判決から後退し、国の責任は否定。過酷事故を引き起こした国と東電の責任を求めるたたかいは続きます▼企業や国を相手に、生きる権利や安心して暮らせる社会の実現をめざして立ち上がる人たち。『争議生活者』の中で主人公が見知らぬ婦人から“私たちの希望”といわれる場面があります。たたかう人がいるから明日が開けると。

 

       .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 9月25日(月)・決算審査特別委員会市長総括質疑

    26日(火)・予備日

    28日(木)・最終日(閉会)

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程(議会関係以外)

 

 9月25日(月)・奈良市企業局(水道局)コンセッション(民営化)問題での聞き取り

   28日(木)・臨時国会開会:冒頭「解散」?

   30日(土)・衆院近畿ブロック日本共産党候補者のそろい踏み宣伝

          13時45分〜14時15分:近鉄奈良駅前

10月10日(火)・衆院選挙公示?

   22日(日)・衆院選挙投票日?       

11月 5日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー(彦根城へ)

          参加定員100名。参加者募集中です。

          お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 ※当初は10月22日に予定していましたが、「衆院解散・総選挙投票日」の可能性が濃くなったために「変更」されました。 

 

   ..........................................................................

 

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、現在5期目。
  議会運営委員・建設企業委員
  日本共産党奈良市会議員団副団長

● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

堺市長選挙支援、衆院選挙に向けた宣伝

2017.09.23 | 19:15

017  9月   23(土 はれ                              

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・

 

 大阪堺市長選挙の支援に行きます。

 あやめ池地域の後援会員4名もいっしょに行ってくれます。

 行先は、堺市南区。泉北高速鉄道の「泉が丘駅」周辺のビラ配布。

 明日が投票日ですが、大激戦の様相です。

 

 現地の支援者の方に聞けば、「相手陣営は、最終盤は”反共攻撃”に終始している。特に『竹山市長は共産党。”しがらみ”のある人は投票に行かないでください。”しがらみ”のない人は維新の候補者へ』の連呼なんですよ」らしい。

 政策では「勝てない」と考えたのか”反共攻撃”に終始とは・・・・。

 

 今日は、ビラ配布のお手伝いをしました。

 

  

  ●堺市南区にある日本共産党の事務所

 

 

  

  ●今日配布した「チラシ」

 

            .............................

 

 大阪堺市長選挙から帰った後、西大寺駅北口での宣伝に向かいます。

 「井上良子」(いのうえ・よしこ)衆院奈良1区予定候補と宣伝です。

 9月28日から始まる臨時国会での「冒頭解散」が濃厚な情勢の中「大義なき解散・総選挙」と言われています。

 

 安倍首相がもくろむ「森友・加計疑惑隠し」「憲法改悪」に審判を!

 通りがかった方から「共産党の出番です。野党がしっかりと共闘し、安倍さんが狙う『衆参3分の2体制』を阻止してください」との声が寄せられました。

 

 

  

 

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 いすゞ自動車の派遣切りを小説のモデルにした田島一さんの『時の行路』。会社側の身勝手で無法なやり方に組合をつくり、たたかう労働者の姿を描きました▼いま、その完結編『争議生活者』が上梓(じょうし)され、筆者があとがきで語っています。「真面目に働き懸命に生きる人間を否定する支配者の論理に抗し、自分たちの正しさを掲げて屈しなかった人々の営為は、まさに弱者にとっての『希望の灯』だった」▼きのう二つの裁判がありました。新入社員の高橋まつりさんを過労自殺に追い込んだ電通の罪が問われた公判。出廷した電通の社長は違法な残業を認め謝罪しました。裁判では、電通が労働基準監督署から是正勧告を受けたあとも抜本的な対策をとらず、社員がサービス残業を余儀なくされていた実態も明らかに▼公の場で裁かれた、利益を優先して労働者の心身の健康を顧みない会社の姿勢。死に至るまで働かせる違法な残業や長時間労働に警鐘を鳴らしました▼原発事故によってふるさとを奪われた避難者が起こした集団訴訟。千葉地裁は東京電力の損害賠償を一部認めました。しかし半年前の前橋地裁判決から後退し、国の責任は否定。過酷事故を引き起こした国と東電の責任を求めるたたかいは続きます▼企業や国を相手に、生きる権利や安心して暮らせる社会の実現をめざして立ち上がる人たち。『争議生活者』の中で主人公が見知らぬ婦人から“私たちの希望”といわれる場面があります。たたかう人がいるから明日が開けると。

 

       .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 9月25日(月)・決算審査特別委員会市長総括質疑

    26日(火)・予備日

    28日(木)・最終日(閉会)

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程(議会関係以外)

 

 9月25日(月)・奈良市企業局(水道局)コンセッション(民営化)問題での聞き取り

   28日(木)・臨時国会開会:冒頭「解散」?

   30日(土)・衆院近畿ブロック日本共産党候補者のそろい踏み宣伝

          13時45分〜14時15分:近鉄奈良駅前

10月10日(火)・衆院選挙公示?

   22日(日)・衆院選挙投票日?       

11月 5日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー(彦根城へ)

          参加定員100名。参加者募集中です。

          お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 ※当初は10月22日に予定していましたが、「衆院解散・総選挙投票日」の可能性が濃くなったために「変更」されました。 

 

   ..........................................................................

 

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、現在5期目。
  議会運営委員・建設企業委員
  日本共産党奈良市会議員団副団長

● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

市長総括質疑準備

2017.09.22 | 17:50

017  9月   22(金 くもり・あめ                              

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・

 

 やはり「拮抗」しています。

 いえ、「新火葬場建設」に関連する補正予算に対する各党・会派、議員の対応です。

 今日のある議員の「ツイッタ―」では「継続審議にすべき。議案を取り下げ、臨時議会を開くなどして『再提案』を」とつぶやいている人も。

 また、昨日も書きましたが「D(設計)・B(建設)を一括発注して、O(維持管理・運営)は今後検討していくべきでは」との会派・議員など。

 

 来週の月曜日に市長総括質疑が行われ、その後に「委員会採決」との日程ですが、これからの動きが注目されます。

 えっ?「日本共産党市会議員団の態度は?」ですか。

 現在検討中です。

 

 

  ●市長総括質疑の「調整」を行う井上市議(左側)

 

            .............................

 

  ■「扶養控除申告書」

 

 公的年金受給者が扶養控除を受けるための来年度分の申告書提出が始まっています(提出期限は9月29日)。

 日本年金機構から送られてきた「平成30年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」に、個人番号(マイナンバー)の記載欄があり、受給者に戸惑いが広がっています。

 そこで、「マイナンバーを書かないと不利益を被るの?」という疑問。

【市民】・・・・・マイナンバーは絶対に書かなければいけないのですか。

【年金機構】・・・書いてください。

【市民】・・・・・書かなかったら、支給停止とか減額とかの不利益があるのですか。

【年金機構】・・・そういうことは一切ありません。

【市民】・・・・・書かないで出すと、送り返されますか。

【年金機構】・・・そんなことはありません。

【市民】・・・・・では書かなくても問題ないのですね。

【年金機構】・・・ぜひ、お書きください。

 

 

 

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 米下院にトランプ大統領の問責決議案が出されています。白人至上主義を擁護する8月のトランプ氏の発言に抗議して提出されたものです▼発端はバージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義団体らによる暴力事件。抗議する市民にネオナチとみられる男が運転する車が突っ込み、32歳の女性が亡くなりました▼トランプ氏が「双方に非がある」と差別主義者を擁護し、各界から非難が殺到。「(トランプ発言は)米国を代表するものではない。そういわなければならないと考えた」。決議案を提出したナドラー下院議員は米誌に語っています▼この決議とは別に上下両院は、人種差別をあおる勢力にはっきりと反対するようトランプ氏に迫る合同決議を全会一致で採択。トランプ氏は今月14日に決議に署名したものの、同時に出した声明で白人至上主義者たちを名指しして抗議せず、再び批判を浴びています▼翌日にはカリフォルニア州議会下院が、連邦下院の問責決議案を支持する決議を採択。提出した議員は「もはや大統領の言動を容赦しない」と述べました。米人気歌手のアリアナ・グランデさんらはシャーロッツビルで事件被害者を支援する公演を予定。差別を許さぬ米国民の決意を感じさせます▼安倍政権のもとで日本でも、在日韓国・朝鮮人などへの差別の嵐が吹き荒れました。最近でも東京地裁は、朝鮮学校を高校無償化の対象から除外したのは適法だと不当判決を出しました。差別許さぬたたかいは日本でも問われています。

 

       .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 9月 12日(火)・代表質問(私は、13時からの予定です)

         ※直接傍聴ができます。12時55分までに議会事務局にお越しください。

          また、インターネット(奈良市議会「ライブ中継」でご覧いただけます。)

   13日(水)・本会議一般質問

   14日(木)・本会議一般質問

          ※この日に「決算特別委員会」の資料要求があります

   19日(火)・決算審査特別委員会

    20日(水)・決算審査特別委員会

        21日(木)・決算審査特別委員会

    25日(月)・市長総括質疑

    26日(火)・予備日

    28日(木)・最終日(閉会)

 ※決算委員会の運営は(「特別委員会方式」【各会派から「特別委員」を選出し、課長以上の理事者をを対象に一同に会して審査する方式】となります。

 なお、来年の3月議会は「分科会方式」【すべての議員が所属する各常任委員会ごとに別れて審査する方式】)となる予定です。

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程(議会関係以外)

 

 9月23日(土)・堺市長選挙支援に(竹山現市長の支援)堺まで

   25日(月)・奈良市企業局(水道局)コンセッション(民営化)問題での聞き取り

   28日(木)・臨時国会開会:冒頭「解散」?

   30日(土)・衆院近畿ブロック日本共産党候補者のそろい踏み宣伝

          13時45分〜14時15分:近鉄奈良駅前

10月10日(火)・衆院選挙公示?

   19日(木)・映画「母」上映 13時30分〜・18時〜の2回上映 やまと郡山城ホール

          ブログの後段で紹介しています。)

   22日(日)・衆院選挙投票日?       

11月 5日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー(彦根城へ)

          参加定員100名。参加者募集中です。

          お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 ※当初は10月22日に予定していましたが、「衆院解散・総選挙投票日」の可能性が濃くなったために「変更」されました。

 

           ....................................

 

  【映画】・・・「母」のご案内

 

 

 ● ストーリー

 秋田県釈迦内村、小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家の娘にセキは生まれた。
当時の小作人は、地主に50%もの地代を払わねばならなかった。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。
セキの幼なじみの少女も売られていった。
学校へ行きたくても、学校は男の行くところだと親からは相手にされない。
15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。セキは優しい母親であった。
自分は字も書けなかったが、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。
当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程であった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、
武器を作るお金で皆に白い米のご飯を!と反戦を訴え続けた。
そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。
セキは自分の息子が悪い事なぞするわけがないと多喜二を信じ続けていた。
そんな折、娘のチマに教会へと誘われる。そこでイエスの死について話を聞かされたセキは、
何も悪い事をしていないのに殺されたイエスと多喜二の姿を重ね合わせ、 思いを巡らす・・・。

 

■ 前売り券1,000円(当日券;:1,500円):取り扱い中です。

  お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 

   ..........................................................................

 

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、現在5期目。
  議会運営委員・建設企業委員
  日本共産党奈良市会議員団副団長

● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................

決算審査特別委員会・・・三日目

2017.09.21 | 22:39

017  9月   21(木 はれ                              

 

  ● 今日の注目記事 ・・・・・・

 

 決算審査特別委員会三日目です。

 今日の審査も「新火葬場」の建設計画に関する補正予算が主な審査になります。

 

 この間の議会論戦・審査では

 1、現在提案されている「DBО(設計・建設・維持管理運営)」方式を了とするもの。

 2、一括で民営化することに対して「異議」があるというもの。

 3、少なくても自治体の責任により設計・建設・維持管理すべき。

 と、大別して三つの視点からの審査が特徴です。

 

 少なくとも、仝什澆療貉害仭鮠譴琉榲礁鸞である平成33年3月末までに完成させること。合併特例債の活用を最大限追及すること。「民間委託」を優先的に考えるのではなく、自治体の公的責任を十分果たさせること。

 が求められています。

 

 日本共産党奈良市会議員団は、上記の内容を総合的に分析しています。

 

  

 

 

            .............................

 

 ■学校給食無償化広がる

 

 先日12日の奈良市議会本会議の代表質問で、私は「子どもの貧困対策」をテーマに、奈良市の今後の取り組みに対して市長に質しました。

 子どもの貧困の主要な原因は「保護者の経済的困窮」にあり、特にひとり親家庭での貧困率が高くなっていることを紹介し、国・自治体による「経済的支援」の必要性を訴えました。

 「経済的支援」の具体的事例として「保育料・医療費・学校給食費」等の無料化を実施している自治体を紹介し、「奈良市でも取り組むべきではないか」と。

 

 本日付の「しんぶん赤旗」に、「学校給食無償化広がる」との記事が載っています。

 「公立小学校や中学校の給食費(食材費)の保護者負担を全額補助して無償にする市町村が少なくとも83に増えていることが本紙調査で20日までに分かりました。保護者が負担する給食費の平均月額は、小学校で約4300円、中学校で約4900円です。無償化によって年間5万円程度の負担軽減になります。日本共産党は住民の運動と結んで、市町村議会をはじめ県議会や国会でも2011年には無償化を求めています。

 市町村の無償化の状況について、本紙の調査(1月14日付、2月26日付)で昨年度62に広がっていることが判明。一方、文科省が以前から実施している給食費徴収状況調査で把握した無償化市町村は61。二つの調査を整理すると、昨年度学校給食費を無償化したのは63市町村でした。今年度20市町村で無償化が始まり、昨年度と合わせて83市町村に広がっています。

 無償化の理由として、子育て支援や定住しやすい環境づくりに加え、給食を教育の一環としてとらえる「食育」の推進をあげる自治体が増えています。

 無償自治体の広がりを受けて、文部科学省は初めて、全市区町村を対象にした『学校給食費無償化調査』をします。11月初めに集約するとしています。調査項目は無償化のほか半額補助など『一部補助』、無償化について、子どもや保護者・地域の変化、予算確保などです」というもの。

 

  

 

       .........................................................

   

       きょうの 潮 流

 

 先日「おひとりさまの老後」がテーマのおしゃべり会に参加しました。1人暮らしの高齢者など10人ほどの女性が集まり、にぎやかに交流しました▼自分好みに家を整え、食べたい物を調理して食べ、趣味を楽しみ仲間と出かけ…。生き生きと老後を過ごす様子を聞くと、自分もそうなりたいと思います。同時に「自宅で倒れたとき、自分で救急車を呼べなかったら…」「介護が必要になったら、どうすればいい?」と不安も口々に語られました▼日本人の平均寿命は延び続け、「人生100年時代」が来るともいわれます。健康でいるために大切なことは? 医師に聞くと(1)栄養状態がよい(2)体力がある(3)社会参加を続ける―の三つが出されました▼なかでも基本は食べることです。中年期までと異なり、高齢者が心配すべきは低栄養やカロリー不足。やせている人より、やや太めの人の方が長生きするという統計結果も出ています▼年齢とともに歯が弱くなる、料理をする気力や体力が減る、食欲がなくなる。少ない年金、高い医療や介護保険の負担で生活が厳しく「食費を削るしかない」という声も頻繁に耳にします。高齢者の食生活を軽視せず、社会的にも暮らしの向上が不可欠です▼ケアマネジャーの話では、心身の健康や認知症予防に大切なのが、1人で家に閉じこもらず、外に出て人と交流すること。親しい人や近所の人と集まって、おいしい料理を食べながら、時には政治への怒りを語り合う。そんな時間を過ごすのも良いものです。

 

       .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 

 9月 12日(火)・代表質問(私は、13時からの予定です)

         ※直接傍聴ができます。12時55分までに議会事務局にお越しください。

          また、インターネット(奈良市議会「ライブ中継」でご覧いただけます。)

   13日(水)・本会議一般質問

   14日(木)・本会議一般質問

          ※この日に「決算特別委員会」の資料要求があります

   19日(火)・決算審査特別委員会

    20日(水)・決算審査特別委員会

        21日(木)・決算審査特別委員会

    25日(月)・市長総括質疑

    26日(火)・予備日

    28日(木)・最終日(閉会)

 ※決算委員会の運営は(「特別委員会方式」【各会派から「特別委員」を選出し、課長以上の理事者をを対象に一同に会して審査する方式】となります。

 なお、来年の3月議会は「分科会方式」【すべての議員が所属する各常任委員会ごとに別れて審査する方式】)となる予定です。

 

     .......................................................... 

 

■ 松岡かつひこ 当面の日程(議会関係以外)

 

 9月22日(金)・日本共産党奈良県委員会主催「全県活動者会議」:衆院選挙に向けた取り組みについて

          19時〜日本共産党奈良県委員会

   23日(土)・堺市長選挙支援に(竹山現市長の支援)堺まで

   25日(月)・奈良市企業局(水道局)コンセッション(民営化)問題での聞き取り

   28日(木)・臨時国会開会:冒頭「解散」?

   30日(土)・衆院近畿ブロック日本共産党候補者のそろい踏み宣伝

          13時45分〜14時15分:近鉄奈良駅前

10月10日(火)・衆院選挙公示?

   19日(木)・映画「母」上映 13時30分〜・18時〜の2回上映 やまと郡山城ホール

          ブログの後段で紹介しています。)

   22日(日)・衆院選挙投票日?       

11月 5日(日)・日本共産党奈良市後援会バスツアー(彦根城へ)

          参加定員100名。参加者募集中です。

          お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 ※当初は10月22日に予定していましたが、「衆院解散・総選挙投票日」の可能性が濃くなったために「変更」されました。

 

           ....................................

 

  【映画】・・・「母」のご案内

 

 

 ● ストーリー

 秋田県釈迦内村、小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家の娘にセキは生まれた。
当時の小作人は、地主に50%もの地代を払わねばならなかった。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。
セキの幼なじみの少女も売られていった。
学校へ行きたくても、学校は男の行くところだと親からは相手にされない。
15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。セキは優しい母親であった。
自分は字も書けなかったが、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。
当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程であった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、
武器を作るお金で皆に白い米のご飯を!と反戦を訴え続けた。
そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。
セキは自分の息子が悪い事なぞするわけがないと多喜二を信じ続けていた。
そんな折、娘のチマに教会へと誘われる。そこでイエスの死について話を聞かされたセキは、
何も悪い事をしていないのに殺されたイエスと多喜二の姿を重ね合わせ、 思いを巡らす・・・。

 

■ 前売り券1,000円(当日券;:1,500円):取り扱い中です。

  お問い合わせ・お申し込みは「松岡かつひこ」まで。

 

   ..........................................................................

 

 

     松岡かつひこ 自己紹介

   profilephoto    

● 1954年和歌山県有田郡清水町(現:有田川町)生まれ
● 高校卒業後、伊藤銀証券株式会社(現エース証券)に入社
● 大阪証券労働組合伊藤銀分会結成・同労組書記次長、
  あやめ池バンビ―ホーム保護者会会長、あやめ池南7丁目自治会長など歴任
● 1999年に奈良市議に初当選、現在5期目。
  議会運営委員・建設企業委員
  日本共産党奈良市会議員団副団長

● 日本共産党奈良県委員、日本共産党奈良地区常任委員
● 妻、(長男・長女は結婚して別居)

 連絡先
  〒 631-0033
  奈良市あやめ池南7丁目564-62
  ☎: 0742-48-8188

 メール送信先
  mail oka8nara@yahoo.co.jp

  ..........................................................................